fbpx

【速報】安室奈美恵の引退の本当の理由・・・「は?」(´・ω・`)

1

ある日、マギーさんとその家族は自宅の近くで迷子の子猫『ランジ』を見つけました。すぐにマギーさんはランジを連れ帰り、一日中世話を続けたのです。マギーさんの家には1匹のラットが住んでいたため、ランジはいつもラットの姿を見ながら育っていきました。

ランジが大きくなると、マギーさんは家に2匹のラット『ピーナッツ』と『モカ』を連れて来ました。初めはランジが狩りの対象にするのではないかと心配していたマギーさんでしたが、その考えが間違っていることにすぐに気づきました。

 

「まだピーナッツが赤ちゃんだった頃、ランジと出会いました」とマギーさんは話し始めました。

「私はその日、ピーナッツとモカをケージから出して、フェンスの中で遊ばせていました。すると好奇心旺盛なランジが、フェンスの中に飛び込んで行ったのです。私はとても慌てましたが、ランジとピーナッツは一瞬で結ばれました。その日以来、ピーナッツは色んな場所でランジを追いかけ回すようになったのです。」

一方のモカは、あまりランジに興味を示しませんでした。どうやらランジとピーナッツは、お互いに特別な存在だったようです。

仲良しなふたりの様子はこちら。

 

ランジとピーナッツはいつも一緒にいるようになりました。ふたりのあまりの仲の良さに、マギーさんはいつも驚かされていたそうです。

時々、ランジはひとりになりたい時もありましたが、ピーナッツの”大好き攻撃”は続きました。でも、ランジは決してピーナッツを怒ったりしなかったそうです。

ふたりはマギーさんに愛らしい姿をたくさん見せてくれました。時にはハグをしたり…

 

キスをしたり…

 

すり寄ったり…

 

ご飯を一緒に食べたり…

そんなふたりの姿に、マギーさんはいつも癒されていたそうです。

しかし、悲しいことにラットは猫ほどの寿命はありません。ピーナッツは2歳でこの世を去ったのです。

 

ピーナッツが他界した後、ランジがとても孤独を感じていることが分かりました。そこでマギーさんは、ランジのために新しい猫の友達『ティミー』を紹介したのです。

 

ふたりはすぐに仲良くなり、マギーさんも安心しました。

 

でもマギーさんは知っています。これから先も、ランジにピーナッツ以上の友達が現れないことを…

 

種族の違うランジとピーナッツですが、ふたりは深い友情で結ばれていました。ランジと一緒になれたピーナッツは、最期の瞬間まで幸せだったことでしょう。

 

 

 

引用元