fbpx

【もうやめて】ビートたけしが衝撃告白・・・・もう芸能界めちゃくちゃ…

1

 

 
ある日、フロリダ州に暮らす住宅診断士のポールさんという男性は、同僚の方と共に訪れた空き家で1匹の猫に出会いました。
 
ポールさん曰く、猫はポールさん達が庭に出るとどこからともなく姿を現し、かまってほしいと言いたげな様子で近づいてきたそうです。

後を付いて回る猫

猫はどこか不機嫌そうな表情で、ポールさんが食べ物を与えようとしても反応を示しませんでしたが、ポールさんたちが家の点検をしている間は終始彼らの後を付いて回りました。
そして、ポールさんが頭をなでると、猫は少しだけ嬉しそうな表情を見せたといいます。
表情は不機嫌そうですが、実はとっても甘えん坊な性格をしているようです。

猫の今後が心配

猫が何故空き家の庭に居たのかは誰にもわかりませんが、もしかすると以前猫には飼い主がおり、その飼い主が引っ越しを理由に猫を置いて行ってしまったのかもしれません。

ポールさんはそんな猫の事が心配になり、その後も毎日空き家を訪れては猫の様子を見るようになりました。
フロリダ州には野生のワニ、鷲、鷹、蛇、フクロウ等、猫にとっては天敵となる動物が多く生息しており、外で暮らすのは決して安全ではありません。

数日後・・・

ところが数日後、猫には新しい家族が見つかり、空き家の庭を離れることが決まりました。

猫を引き取ったのはポールさんの同僚の方で、彼もポールさんと同じように猫の事が心配でたまらず、自宅で面倒を見ることを決心したそうです。

現在

「ガーフィールド」と名付けられた猫はその後ポールさんの同僚のお家で暮らし始め、現在も新たな家族と友に楽しい日々を送っています。
ガーフィールドの表情は相変わらずいつも不機嫌そうだといいますが、きっとガーフィールドも心の中では家族が出来たことを喜び、幸せを感じているのではないでしょうか。