【混乱】木村拓哉が稲垣吾郎に「謝罪」!!!⇒ ⇒ ⇒まさかの展開・・・・

イギリスに住むマーク君と、愛犬のアルフィーはともに5歳で同い年。アルフィーは体重が約83kgもある超大型犬で、体の大きさは全然ちがいますが、小さいときから一緒にいるので、親友のような兄弟のような関係です。

 

 

アルフィーのある行動が気になった両親

いつものように仲良く過ごしているマーク君とアルフィーですが、両親はアルフィーのある行動が気になりました。
それは 「アルフィーがいつもマークの右側にばかりにいる」 でした。

歩く時もマークの右側、座ってくつろぐ時もマークの右側。

 

 

心当たりがあり病院へ

もともと視力の弱かったマーク。学校の視力検査では「右目は乱視」と診断されていましたが、アルフィーの行動が気になったので、病院で精密検査をしてもらうことにしました。

すると医師から驚きの言葉が!
「もう少し遅ければ失明していたことでしょう!」

アルフィーのおかげで、マークは失明の危機を逃れました。

 

 

順調に治療がすすんでいる

まだ治療をしていますが、順調に回復してきているようです。

あのとき、アルフィーが盲導犬のように、異常がおきている右目をかばうような行動をしていなければ、手遅れになっていたかもしれません。小さいときからずっと一緒にいるからこそ、マーク君の変化に気づけたのかもしれません。

 

これからも大親友として、そして兄弟として、なかよく元気に育ってください!

 

 

引用元