いきなり警察が訪ねてきて「奥様にご同行いただきたい」俺「え?は?(嫁は普通の主婦だぞ)」嫁「はい、分かりました」→嫁はなんと・・・

1

14年間つれそったおばあちゃんとネコが、同じ日に天国に旅立つという、偶然とは思えない出来事がおきました。

 

保護ネコ「ギャビー」とおばあちゃんの出会い

ある老夫婦が保護施設から3匹のネコを引き取りました。その中の1匹が今回おばあちゃんと一緒に天国に旅だった「ギャビー」です。

施設から引き取ったこともあり、なかなか懐いてくれないネコたち。でも当時2歳だったギャビーだけは、すぐにおばあちゃんに懐きました!

本を読むのが大好きだったおばあちゃんの膝の上がギャビーの特等席。おばあちゃんが移動すればストーカーのように後をついていました。

 

 

絆を深めるおばあちゃんとギャビー

残念なことにおじいちゃんが亡くなってしまいました。何十年も一緒に暮らしていたおじいちゃんが亡くなったことで、ひどく落ち込み心にポッカリと穴が空いてしまったおばあちゃん。そんなおばあちゃんの心を満たしたのはギャビーでした。お互いの絆はおじいちゃんの死をきっかけにさらに深まっていったのです。

 

おばあちゃんの心配ごと

おじいちゃんが亡くなったことで、おばあちゃんにはある心配ごとがありました。それは、「ギャビーよりも先に自分が死んでしまったらどうしよう…」ということ。
生前、まわりには「私が先に死んだらギャビーが心配だ。」と話していたようです。

 

 

最期の日が訪れる

14年間いっしょに暮らしてきたおばあちゃんとギャビーに最期の日が訪れました。

その日、ギャビーは弱々しく息をしていて、おばあちゃんは獣医さんのところへ連れて行きました。しかし、寿命を迎えていたギャビーはそのままおばあちゃんの腕の中で『虹の橋』を渡りました。
最期まで大好きなおばあちゃんと一緒にいられたギャビーは幸せだったに違いありません。

ギャビーが亡くなり、再び悲しみに暮れるおばあちゃん。でも、ギャビーの最期を看取ることができて安心したのかもしれません。

動物病院から自宅に帰ったあと、いつも座っているソファで静かに息を引き取ったのです。ギャビーが『虹の橋』を渡ってから、わずか4時間後のできごとでした。

 

保護施設から引き取られたギャビーは、おばあちゃんのおかげで寿命を全うすることができました。そして、おばあちゃんもまたギャビーを残せないという思いから、元気なまま最期を迎えることができたのかもしれません。

長年つれそったおばあちゃんとギャビーは、一緒に『虹の橋』を渡り、天国でも寄りそっていることでしょう。

 

 

引用元