fbpx

【あなたは我慢できる?】不覚にも笑ってしまうテレビでの「放送ジコ」を集めてみたらとんでもない事に・・・・

1

 

カルフォルニアの砂漠。草も生えない凍える人里離れた路上に一匹の迷い犬が佇んでいる。通行人の通報でレスキューチームが保護に向かうが、犬は逃げるばかり。野良犬でもなさそうな犬がその場所に座り続ける理由に涙が溢れる。

見つけた!こっちにおいで!


カルフォルニアに住むブルック・ラパゾさんが人里離れた何も無い路上に置き去りにされた犬の情報を得て、救助に向かいました。「バンジョー」という名前をつけられたこの犬は、救助の手を振り払い、心無い飼い主が置き去りにしたであろうこの地点から動くことを拒否し続けるのでした。
この地域一帯には犬の食べ物になるようなものが一切なく、飢えたバンジョーはただ小枝をかじることしかできなかった。

 

バンジョーは何日も寒さと飢えを強いられてきたのでしょう。
ブルックさんと救助チームが現地に赴きバンジョーを見つけると、バンジョーは身を縮め踵をかえして逃げ出し、人間に対する不信感のためか、怯えて混乱している様子だったのだそうです。

バンジョーが誰も寄せ付けないまま時間が過ぎ、あたりが暗くなってくると近くでコヨーテが吠えはじめ・・・
救助チームもうかうかしてられなかったでしょうね。
街頭などないカルフォルニアの砂漠では、暗くなってしまったら救出が困難になるばかりではなく、自分たちにも危険がふりかかってしまうかもしれません。

人には慣れているのに、救助を拒む犬


何時間か餌付けにチャレンジして、ついにバンジョーを捕まえる事が出来ました。
バンジョーは身を低くしてお腹を撫でさせてくれるまでに打ち解けてくれたのです。

 

バンジョーはこの人間たちが自分にひどい事をする輩ではなく、助けに来たのだと気が付き心を開いてくれたのですね。

やはり、バンジョーは確かに誰かに飼われていたのでしょう。
食べ物を与えてくれ撫でてくれる人間の手の温かさにすがりたくなったに違いありません。
どんなに心細かったことか・・・胸が痛みますね。

そしてバンジョーは飼い主と同じ「ニンゲン」を見て救助チームに、ボクのご主人はどこに行ったの?ここに帰って来るんだよね?と聞いていたのかもしれません。

なんて健気なバンジョー。
状況を知れば知るほど、置き去りにした人への怒りがこみあげて来ますね。


バンジョーを救助した後、ブルックさんは自身が所属する動物保護支援団体の「Kings SPCA」のフェイスブックに、誰もが読むことが出来る様に手紙を投稿しました。それは「冷酷な心を持つこの犬の飼い主へ」と宛てられ、バンジョーがどのような状態に置き捨てられたかの内容を載せたものでした。

 

こんなひどい事をする、名も分からぬ飼い主への抗議をしたかったのに違いありません。
この投稿はフェイスブックで1万5千シェアもされ、バンジョーの元の飼い主の目に触れられるまで、世界中に拡散され続けているのだそうです。

その手紙の内容とは・・・


「冷酷な心を持つこの犬の飼い主さまへ、今日、私たちは、あなたの犬が15番通りとエクセシオール通りに置き去りにされているという通報を数件受け取りました。通報されたメールの日付によると、あなたの犬は土曜の朝からそこに座っていたようです。今日、午後3時の今ようやくメールに気が付き救助に向かいました。
私たちがそこで見たものは、飼い主である『あなた』を待ち続ける犬

でした。

彼は、あなたが『待て』と行った場所から動かず、命令どおりにあなたを待ち続けていました。世界で一番大好きな人間と別れた場所から離れることが出来ず、ずっと待ち続けていました。彼はあなたが戻ってくるのだと信じていました。彼は、通り過ぎる車を一台づつ見つめて、あなたが自分を迎えに来たのではないかと思っていました。あなたの犬は寒さにふるえて、空腹で、何日も怯えなければいけなかったのです。何故ならばあなたが心の無いとんでもない事をしでかしたからです。

彼はそれでも『あなた』を待っていたんです。」

 

ブルックさんは冷静に、且つ怒りを込めてバンジョーが置きざりにされたとても信じがたい状況を知って欲しくて、名前も知らない元飼い主に向けてSNSを使って発信したのですね。
バンジョーが言葉を持って説明したわけではないけれども、彼の行動こそが言葉で、どのように飼い主に置き去りにされたかが想像できますね。

「彼は空腹で小枝を噛んでいました。気の毒に思った通行人が食べ物を置いていったりもした形跡がありましたが、それでは足りず、そしてとても混乱していました。目の前に食べ物があるにも関わらず、彼はあなたを帰ってくるまでここで待たなければいけないと信じていました。彼は全くもって悪い癖のある犬ではありません。むしろとても賢い良い犬です。ところが、あなたはこの犬にとって、とてもひどいことをした悪い友人です。

あなたは、あなたに命を預けた友人をあっさり捨てたのです。
この友人はあなたが仕事でどれだけ離れていても気にしません。あなたが郵便を外に取りに行って帰って来ただけでもあなたが帰って来ることに全力で喜び、そして、もしかしたら何日も帰ってこない留守の後でも同じように全力で迎えてくれたでしょう。
この友人は頬をつたうあなたの涙を舐めてあげたことも、あなたの食べ終わったお皿を舐めるのを楽しみにして、待っていたのに。

でも、彼はもうあなたの事を待っては居ません。

置き去りにされた彼がおびえながら小さく丸まって逃げて行くのを見て、私たちはもう一度、仲間を増やして彼を連れに戻りました。あたりが暗くなってきてコヨーテもそばにいるのが分かりました。数時間そこに座って滞在して彼にずっと話しかけました。彼に歌も歌ってあげました。食べ物も与えて、寒がる彼に毛布もあると誘ってみました。
あなたの犬は、フードを投げ与えると少しずつ食べ始め、少しずつ距離を縮めて、ようやく私たちの手からも食べる事ができました。
ようやく心を開いてくれたので、みんなで冷たい地面に寝転がって、もう大丈夫。あなたを傷つけるものはこれで終わるから、と話しかけて良く聞かせました。
あなたの犬はようやく頭を撫でさせてくれました。耳の後ろも嬉しそうに撫でさせてくれました。そして、走って近づいたりしても逃げずに私を隣に座らせてくれるようになりました。そして、やっと横になり、私にお腹を撫でさせてくれました。

そして、リーシュを付けさせてくれ、逃げる事もしなくなりました。」

 

バンジョーは人間の話を聞く習慣を持っています。ちゃんと対話をすることが出来ます。
これは飼い主がしつけをし、愛していたからなのでしょう。

しかし、きちんとしつけができた飼い主がなぜ、こんなところに愛犬を置き去りに出来るのでしょうか?
止む終えないことがあったのか、飽きてしまったのか・・・
その理由は分かりませんが、飼い主の行いに全く理解が出来ませんね。

「その場から彼を連れて行こうとするまで、彼は落ち着いていました。
彼は私たちと出発するのを嫌がり、あの場所であなたを待っていたかったのです。
私は大きな彼の体を抱きかかえました。大きくて、優しい、怯えた、『あなたの』忠犬を!

彼があなたを最後に見たあの場所から、彼を抱き抱えて車に乗せてシェルターに向う道中、彼はずっと鳴いていました。
あんなに悲し気な犬の声を聞いた事がありません。まるで壊れてしまいそうな彼の心の叫びでした。

彼はあなたが彼を置き去りにしたあの場所に戻りたがりました。帰り道は気も狂わんばかりに、すれ違う全部の車の窓を見つめてあなたを探していました。
ようやく彼が助手席に移り座り私に向って一言鳴いたのを最後に鳴かなくなりました。

私が彼の頭に手を伸ばして撫でてやると、とても混乱した表情で私の膝に頭を乗せクンクンと哀れな声で鳴いていたのです。」

 

バンジョーは大好きだった飼い主と会えなくなるから、早くあの場所に戻して!とブルックさんに鳴いて訴えていたのかもしれませんね。

路上でじっと待っている間、バンジョーには飼い主が迎えに来るに違いないという希望があり、その希望が支えで何日も過酷な状況を耐える事が出来たのではないのでしょうか。
冷たい土の上で、楽しかったあの時、美味しかったご飯、飼い主との幸せな時間、そんな思い出を何度も巡らせて頑張って待っていたのでしょうね。

車がどんどん走ってあの場所から遠くなった時に「もう飼い主と会えないんだ」と分かったのかもしれません。


「あなたにこの素晴らしい犬を飼う資格はありません。そして、この先もどんな犬も飼う資格もありません。『私の』犬はあなたの事を忘れるでしょう。私は彼に新しい家族を探してあげるつもりです。そしてその時、彼は何が本当の家族かを知る日が来るでしょう。

私は、あなたが誰でも構わない、そして『私の』犬を捨てたどんな言い訳があるかも知ったこっちゃない。どうせその理由はくだらない理由に違い無いのだから。

クソッタレのあなた。どうかあなたの人生が不健康と不幸でありますように。

敬具
ブルック」

 

この手紙に、多くの人が心を打たれたことでしょう。

元飼い主がこれを目にしたかは分かりません。
後悔と自身の行いを恥じて、二度とペットを飼わないことを願います。

バンジョーの人生はまだ始まったばかりです。
悲しい過去を忘れてしまうくらい、楽しいことが待っているに違いありません。

こんな思いはもうさせたくない!


バンジョーは今、幸せに暮らしているそうです。

保護施設で仲間もできて、飢える事も無く新しい家族が出来るのを待って居る事でしょう。
そして、二度と捨てられることはないでしょう。



犬の信頼を裏切るようなこんな飼い主が存在するなんて、怒りを覚えると共に、とても悲しくなりますね。

ブルックさん達が諦めずにバンジョーを救ってくれて本当に良かったです。
新しい家族がバンジョーを迎え入れて、見えない心の傷を癒してくれることを願うばかりです。

 

引用元