fbpx

【※閲覧注意※】一度やったら人生終了…!?世界で最も恐ろしいとされる「ドラッグ」8選!しかも1位は子供も大好きやんかこれドラッグやったん・・・

1
 
 
 

ある日、保護施設に入った猫の『ルー』は、なかなか里親さんを見つけることができず、施設の中で長い時間を過ごしていました。しかし、ある家族に出会った時、ルーが特別な人のために施設に残っていたことが分かったのです。

 

ルーは新しい里親さんに出会うために、スペインにある保護団体の施設『ロルカ・アニマルズ』にやってきました。ルーは優しい心の持ち主で、人間が大好きでした。

しかし、施設のスタッフはルーの家を見つけるのにとても苦労しました。そのためルーは誰にも引き取られることなく、長い間施設で里親さんを待ち続けたのです。

そんな中、イサという女性が施設を訪れました。イサさんには14歳になるローラという名前の娘がいるのですが、遺伝子疾患のため身体の発達が遅れていました。イサさんは動物との触れ合いがローラの治療を助けてくれることを知り、ローラの友達を見つけるために保護施設を訪れたのです。

そして、イサさんはルーと出会いました。

 

家に着いたルーをローラが抱いた時、とても嬉しいことが起こりました。ルーがローラを両手で抱きかかえ、幸せそうに頭を擦りつけてきたのです。ローラの方も、フワフワの友達に出会えて喜びが止まらなくなりました。

 

ふたりの相性は完璧でした。

「私達は、なぜルーに家族が見つからないのか分かりませんでした。ルーはとても人懐っこく、愛情深い猫だったからです。しかし、ふたりの姿を見て、その理由を理解しました。ルーはイザさんとローラが迎えに来るのをずっと待っていたのです」と施設のスタッフは言いました。

幸せそうなふたりの姿はこちら。

 

こうしてルーは温かい家に迎えられ、ローラは幸せを届けてくれる生涯の親友を見つけました。お互いに心を通わせ、一緒に抱き合うふたりの姿に心が温かくなりますね。優しくて愛情いっぱいのルーは、これから先もローラの心を支え続けていくことでしょう。

引用元