RSS 2chnaviヘッドライン

【激変】芸能界を引退した江角マキコの現在。「別人のように変り果てるやん…」

犬肉産業撲滅に向けて活動するアメリカの動物愛護団体「Human Society International(HSI)」。
この団体は先日、韓国で食用として飼育されていた55匹の犬を救出し、アメリカ国内にある動物保護施設で保護しました。
HSIの代表を務める方は取材に対して以下のようにコメントしています。
「55匹のワンちゃんたちは日の光も当たらない小さなケージの中で暮らしながら食肉にされる日を待っていました。しかし、私たちの手で保護された今、彼らには幸せな未来が待っていることでしょう。」


以下、今回保護されたワンちゃんたちの姿を撮影した写真です。
動物愛護団体の方々に感謝の気持ちを示す犬。
中にはまだ怯えた様子の犬も。
55匹はそれぞれ犬種も年齢も異なりましたが、その多くはまだ小さな子犬でした。


「他国の食文化に口出しするべきではない」といった意見ももちろんあるでしょう。
しかし、まだ小さな子犬達が劣悪な環境で怯えながら暮らしていたことを考えると、今回55匹の犬が保護された事は素直に喜ばずにはいられません。

犬肉産業撲滅に向けて活動を続けるHSI

 

HSIはこれまでに800匹以上の犬を犬肉生産ファームから保護してきたそうですが、これからも犬肉産業撲滅に向けて活動を続けていくそうです。


また、今回保護された55匹のワンちゃんたちは現在ニューヨーク州やペンシルバニア州、メリーランド州にある動物保護施設で保護されており、そこで里親のお迎えを待っています。
55匹全員が素敵な家族に出会い、一日でも早く新たな人生を歩みだせることを願わずにはいられません。

引用元