fbpx

吉原の泡嬢が芸能人客を大暴露で本人達震えてるwwww\(^O^)/しかも画像まで・・・・・

1

その日、アナスタシア・サモラさんと夫が姪の友人を迎えに行くために、空港に向かう準備をしていました。そしてアナスタシアさんが車のドアを開けると、予想外のお客さんが乗り込んで来たのです! それは可愛い猫でした。

「私が後部座席を片付けている時、この子が飛び込んで来ました」とアナスタシアさんは言いました。

 

猫は後部座席を素早く探索した後、前の方へと移動して来きました。そして、そのまま膝の上に寝そべるとすぐに昼寝を始めたのです。夫婦には幸せそうに眠る猫を起こすことができませんでした。

「猫は車の中でずっとリラックスしていました。私達は彼がとても人間慣れしていることに驚きました。」

 

猫はその後も夫婦に寄り添いながら、空港へのドライブを楽しみました。その姿はまるで昔から夫婦のことを知っているかのようでした。

 

4時間のドライブを終えて、猫と一緒に帰宅した夫婦でしたが、すぐに出かける用事がありました。そこでアナスタシアさんの妹が猫を動物病院に連れて行くことを申し出たのです。

「獣医さんに調べてもらいましたが、猫の身体にはマイクロチップはありませんでした。そこで私達はSNSや迷い猫のサイトに投稿して、猫の飼い主さんを探すことにしました。」

 

夫婦が飼い主さんを探している間、猫はアナスタシアさんの妹夫婦の家で育てられることになりました。もし猫を誰も引き取りに来なければ、妹夫婦がそのまま猫を引き取ることにしたそうです。

 

その後もネットや近所の住人達に聞いて回りましたが、結局猫の飼い主さんは現れませんでした。そこで妹夫婦は猫に『チェスター』と名づけて、正式に家族に迎えることにしたのです。

「私の義理の弟のマルクスは海軍時代にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患いました。今、チェスターは新しい家で家族に愛され、弟の心の傷を癒しています。私はあの時、チェスターと出会うことができて本当に良かったと思っています。」

 

「今考えるとチェスターが車に飛び乗って来たのは、運命だったように思います。彼は私達のことを救ってくれました。」

 

こうして突然現れたチェスターは、暖かい家の中で幸せな人生を送り始めました。きっと人間好きのチェスターは、これからもマルクスさんの心を癒し続け、不安な気持ちを笑顔に変えてくれることでしょう。

 

 

引用元