【冬の宴会用】ドラえもんの「えもん」がひらがなの理由・・・・あなたはご存知ですか?他にも意外と知らない豆知識があまりにも衝撃的だから一気に紹介www

1

 

 

 

おめでとう、ドラえもん。ハッピーバースデー、ドラえもん。
何歳になったの? ってまだ生まれてません。
2012年9月3日は、国民的キャラクター「ドラえもん」の生誕100年前! そんなドラえもんに昨日、生誕100年前記念として川崎市から「特別住民票」が交付されました(※川崎市は作者である藤子・F・不二雄先生(以下、F先生)が長年居を構えた場所であり、昨年オープンした藤子・F・不二雄ミュージアムがある、ドラえもん縁の地です)。

この特別住民票、川崎市ホームページで今月30日まで無料ダウンロードできるほか、川崎市内の9つの施設でも記念に無料配布されています。その数、12万9300枚。なぜこの枚数なのか、そもそもなぜ2112年9月3日が誕生日なのか……ドラえもん豆知識としては初級編ともいえる設定なのでご存知の方も多いと思いますが、「1293」がドラえもんにまつわる数字の鍵だからですよね。
身長・体重・胸囲が「129.3cm」で統一されているのは特別住民票にも記されている有名な話。さらに掘り下げれば、ネズミを見たときのジャンプ力(129.3cm)や走る速度(129.3km/h)までも同じ「1293」です。これは連載当時の小学4年生の平均身長が129.3cmだったからであり、のび太や読者と同じ目線である、というメッセージが込められています。

といっても、当然この設定は後づけです。1995年に描かれた映画「2112年ドラえもん誕生」のコミックス版あとがきで、F先生自身が次のように記しています。

“「ドラえもん」は昭和45年新年号からの連載開始です。(中略)構想もまとまらないうちに締切りとなり、後のことは後としてとりあえず第一回をわたしました。その後の展開もかなり行き当たりばったり、26年たってかえりみれば、あちこちほころびだらけです。反省!”

では、ドラえもんの数々の設定はどのように決まったのでしょうか。これについても前述した『2112年ドラえもん誕生』に記されています。いるんですが……F先生、かなりぶっちゃけいています。あまりに潔いぶっちゃけっぷりなのでこちらも引用したいと思います。

“連載開始とほとんど同時に「ドラえもん50の秘密」などという企画ページが載るようになりました。ドラえもんは何のために未来からやってきたの?とか、しずちゃんが好きなものは?とか。本に載ったことだけではすぐに種切れです。新しくいろいろ考えねばなりません。(中略)僕は忙しかったのです。そう秘密作りばかりもやっていられない。アシスタントのKくんにもかなり手伝ってもらいました。ネコ型だったのに耳をネズミにかじられた、というのは僕が決めたこと。黄色だったのがその時青くなったというのはKくんの思い付き。作者の僕があとから知って驚いた秘密もずいぶんあります。”

“僕は忙しかったのです” いやぁ、100年後にもぜひ残したい名言です!
この「2112年 ドラえもん誕生」、F先生自身が“混乱しているドラ情報、本作が決定版です”と語っていることから「正史」として捉えていいと思うのですが、その実かなりぶっ飛んだ内容の連発なのです。例えば、
・耳がなくなったのは医療ミス!(きっかけはネズミ型ロボットにかじられたから)
・黄色から青になったのは、耳がなくなったことにショックを受けて三日三晩泣き続けたら、その“振動”で体のメッキが剥げたため。
・あげく泣き続けたことでノドがガラガラになり、あの声になった!(ってなんて大山のぶ代に失礼な設定)
などなど。あとがきでは他にも、有名な「シッポはドラえもんのスイッチ」という設定も“なかったことにしました”と述べているなど、ドラえもんファンなら必見の情報が満載。ぜひDVDかコミックス版でご確認いただきたいのですが、ここまで読んで「おいおいおい、ドラえもんが青いのは耳をネズミにかじられたショックで青ざめたからじゃなかったの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなあなたはかなりのドラえもん通。それこそ、F先生も語っている「アシスタントKくん」によってまとめられたドラえもんの秘密です。

ドラえもんの数々の裏設定をまとめた「アシスタントKくん」こと方倉陽二氏。小学館から出版されている『ドラえもん百科』の作者でもあります。いわゆる「方倉設定」と呼ばれる数々のドラえもん設定ですが、ちゃんと「監修:藤子不二雄」とクレジットされているので、F先生が訂正していない限りはこちらも「正史」であるのは間違いありません。
そこで、ドラえもん誕生日記念として、「2112年ドラえもん誕生」でも押さえられていない「方倉式ドラ設定」もおさらいしておきましょう。

■「ドラえもん」の「えもん」はなぜ平仮名?
なぜ「えもん」までカタカナにしなかったのでしょうか。『ドラえもん百科』によれば、ロボット戸籍調査員に名前を聞かれた際、テンパったドラえもんが「エモン」のカタカナを思い出せず、とりあえず「ドラえもん」と書いたから、ということになっています。かなり間抜けな設定ですが、平仮名のど忘れって普段生活していても意外とあったりするので、ドラえもんのこと笑えません。
ちなみにこの「えもん」問題、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」の中で、“未来から来たロボットなのに古い時代の『えもん』を付けることによって逆転のおかしさを狙ったのではないか”と藤子ミュージアム・伊藤善章館長が語っていることも知っておくとより通っぽいでしょう。

■ドラえもんとドラミちゃん、ロボットなのに「兄妹」ってどういうこと?
そんな間抜けでおっちょこちょいなロボット・ドラえもん。「2112年ドラえもん誕生」の中でもロボットオーディションでどこからも引き取り手がないほどの劣等生として描かれ、結果的に赤ん坊だったセワシくんが間違えてボタンを押したおかげで「野比家」にやってくることになります。
そんなドラえもんとは対称的に、原作でもアニメでも常に優等生キャラとして描かれているのが妹のドラミちゃんです。出来の悪い兄と出来のいい妹、とは「男はつらいよ」でもお約束の設定ですが、同じロボットで、しかも兄妹なのにこの違いはどこに起因するのでしょうか? というか、そもそもロボットなのに兄妹ってどういうことでしょうか?
『ドラえもん百科』によれば、同じオイルを使っているから、というのが兄妹たる由縁。しかし、油は長期間放置しておくと軽い部分が上に浮かび上がり、濃度の濃い良質な部分は下に溜まります。結果、先に作られたドラえもんには上澄みの軽い油が使われ、後から製造されたドラミちゃんに下の良質な油が使われたことが、2体のロボットの性能の違いになったのです。

■ドラミちゃんがリボンを着けているのは「思いやり」
ちなみにドラミちゃん。猫型ロボットですがドラえもん同様、耳がありません。アタマについている耳っぽい物体はリボンです。おなじ兄妹でも、耳があるとドラえもんがいじけるだろう、という思いやりから、ドラミちゃんにも耳がなく(かわいそう!)、その代わりにリボンが着けられたのです。そんなドラミちゃんの誕生日は2114年12月2日。2年後はドラミちゃんの「生誕100年前」もちゃんとお祝いしましょう!

 

まだまだあります!

くっだらない豆知識www

次のページへ!