【速報】あの「大家族」の娘(18)ついに@vデビュー( ゚Д゚)!!!!!!!貧乏って本当に可哀想・・・「境遇考えたら抜けんわ!」

1
 

その日、男性は近くのペットショップにキャットフードを買うために出かけました。店内に入ると、そこには動物保護協会に保護された『パンプキン』という名前の猫がケージに入っていたのです。
パンプキンは元々飼い猫だったのですが、元の飼い主さんが経済的な事情で飼うことができなくなり、飼い始めてから6年後に保護協会に引き取ってもらったそうです。
パンプキンのことがとても気になった男性は、車で待っている妻を呼んできました。そして、店員さんにケージを開けてもらうと、パンプキンが可愛らしく鳴き始めたのです。男性はその瞬間に恋に落ちました!

その後、男性はパンプキンを引き取ると家に連れ帰ったのです。
パンプキンの採用には一つ条件がありました。それは、パンプキンの体重を減らすことです。引き取った直後のパンプキンは10kgもの体重があったそうですが、獣医さんに6kgまで落とすように言われたのです。
パンプキンはとても愛情深く、男性が今まで暮してきた猫の中で一番人懐っこい性格でした。

パンプキンは先住猫ともじょじょに仲良くなっていきました。そして、家に慣れて来たパンプキンは、自分の縄張りを少しずつ拡大していったのです♪

こちらは、すっかりパンプキン専用になったソファです。
パンプキンは新しい家で、再び平和な時間を手に入れました。
こうして、キャットフードを買いに来た男性に引き取られたパンプキン。男性もまさか自分が猫を連れて帰ってくるとは、思ってもいなかったことでしょう。これはきっと運命の出会いだったに違いありません。