貴乃花親方がついに・・・・・・最悪な事態に相撲業界どうするん…

1

ある暑い日のこと、ミーガンさんがアイスクリームを買うために外出すると、途中の砂利道で丸くなる3匹の子猫を見つけました。3匹の子猫をよく見ると、真ん中の子猫は小刻みに震えていて、その子を守るように2匹の子猫が寄り添っていたのです。
子猫達を見つけたミーガンさんは、地元で保護施設『ナポリ・キャット・アライアンス』の代表をしていました。ミーガンさんはすぐに弱っている子猫達を保護すると、保護施設で子猫達の看病を始めたのです。
兄猫達に守られていた白猫は頭部が少し傾いていましたが、幸いなことに食欲はとても旺盛でした。まだ歩き始めたばかりのようで、移動する時はよろよろしながら、何とか歩いていたそうです。
ミーガンさん達は、2匹のトラ猫に『プラリネ』と『ピスタチオ』、そして妹の白猫に『ココナッツ』と名づけました。まだ子猫達は幼く、一日中ミルクを飲ませてあげる必要がありました。
ミーガンさん達は、子猫達と母猫を再会させようと、子猫達を見つけた場所に捕獲器を仕掛けました。しかし、まだ母猫を保護できていないそうです。ミーガンさん達はその場所で母猫の姿を何度も目撃しているため、保護できるまで続けていこうと考えているそうです。
そんな中、子猫達の母親代わりになってくれたのが、ミーガンさんの飼い犬の『ビッシー』でした。ビッシーは子猫達がとても気に入ったようで、愛情いっぱいに育て始めたのです。
ビッシーの助けも借りて、ココナッツは成長し、徐々に力強くなってきました。ココナッツの傾いていた首も、日に日にまっすぐに保つことができるようになってきたそうです。
随分元気になったココナッツですが、今でもプラリネとピスタチオにしっかりと守られています。その優しい姿は、スタッフの心をいつも温めてくれているそうです。
きっと2匹の兄猫は、お母さんの代わりに体の弱い妹を懸命に守ろうとしているのでしょう。妹想いの兄猫達の姿に、胸が熱くなりますね。

 

引用元