【誰得】乙武さん、仕事がなくてついに「●●デビュー」してしまう・・・・・近い未来とは思ってたけどヒドイなこれ…

1

6月22日、imgurユーザーのbunnysparklzさんは小さなトラ猫が道の真ん中でぐったりしているところを発見しました。
2匹の猫の飼い主であり動物好きなこの男性は、この猫を見捨てることはできませんでした。

猫の近くに駆け寄ってみると、小さな胸が呼吸によって動いています。
「まだ生きている!」希望を持った男性は、すぐに子猫を抱え上げました。

男性に救出してもらい、車に乗せられた猫。フィービーと名付けられました。

弱々しく、ほとんど動かない…それでも生きるために懸命に闘っているようでした。
フィービーを腕に抱えながら、男性は急いで獣医のところへと車を走らせました。

「診断によると、フィービーは車に轢かれた可能性があり、頭部外傷を負って危険な状態だということでした」

常に容態を管理する必要があるため、フィービーは入院することになりました。
男性は次の日の夕方4時に様子を見に来ましたが、回復の兆しは見えませんでした。

その翌朝、男性は妻と共に病院を訪れました。
フィービーの部屋に入ると、驚くことにケガを負っている小さな頭をなんとか持ち上げたのです。救助以来初めてのことでした。

夫婦がなでると、小さな声でニャアオと鳴きました。
自分を助けてくれた命の恩人に対して、力を振り絞って『ありがとう』と伝えようとしているかのようでした。

「フィービーはそれまでずっと頭をぐったりと下げたままでした。そのとき初めて顔を上げ、私たちに向かってかわいい声で鳴いてくれたのです。私と妻は感動して思わず涙を流してしまいました」と男性は話します。

 

それから数日経ち、フィービーは元気を取り戻していきました。

退院し、男性の家に住む二匹の猫とも対面しました。とてもフレンドリーな猫たちで、新入りの仲間を歓迎している様子でした。


鼻にキスしてごあいさつ♪

「今ではすっかり元気に遊んで暮らしています!それになんと他の二匹よりもお行儀がいいんですよ」と男性は話します。

こちらは黒猫のお兄ちゃんと人間のママといっしょにくつろいでいる様子。

救助から4か月。フィービーは健康で幸せな、抱っこが大好きなかわいいトラ猫へと変身しました!

引用元