【ウソでしょ…】脇が臭いとウワサの女性芸能人が大暴露されて本人達は号泣するしかない状況にわろた・・・いやワロえない…

1

ある日の夜中、夫婦はフロリダ州の都市・オビエドをドライブしていました。
すると道のわきに犬が捨てられているのを発見したのです。

毛は伸びすぎて体中が汚れ、一歩も歩くことができないほど疲弊しきっていました。

呼びかけても返事をすることもなく、おそらく4年以上ケアされずに放置されてきたようでした。

夫婦は一晩中犬を預かるのは難しく、ソーシャルメディアに犬の情報と写真をアップロードして助けを求めました。

そしてカリ・ファリアさんという、トリマーとして働いている女性から返事が来たのです。

「毛があまりにも伸びてからまると、最悪の場合血流をストップさせてしまうこともあるのです」とファリアさんは言います。

野良犬の写真を見たファリアさんは、すぐにでもケアが必要だと判断し、真夜中であるにも関わらず自身のドッグサロン『BGE Grooming』に急行して店を開きました。

「それが正しいことだったかどうかわかりませんが、犬の様子を見ていてもたってもいられなかったのです。歩くことすらできなくなっている犬のために、自分にできることをしたいと思いました」

『緊急トリミング』を行ったファリアさん。午前3時まで休みなく作業を続けました。とにかく犬を苦痛から解放したい一心だったそうです。

そしてようやく全ての毛をきれいにカットすることができました。

保護当時の写真と比べると、まるで全く別の犬かのように変身しました。

ラッキーと名付けられたこの犬は、おそらく生まれて初めてであろうお風呂を経験しました。丁寧に洗ってもらって気持ちよさそうです。

それからファリアさんはラッキーを獣医に連れて行きました。そこで両耳・両目とも不自由であることが判明します。

苦難を抱えているにも関わらず、順調に回復しているラッキー。今は里親のもとで元気に暮らしています。

去勢手術が完了し、まもなく新たな飼い主探しが始まる予定です。

こちらは毛をきれいに切ってくれたファリアさんと記念写真♪

 

「毛をカットし終えると、ラッキーはしっぽを元気に振ってうれしそうにしてくれました。そ

引用元