fbpx

【予想外とはこのコト…】俺「やべ終電逃した」 女友達「手出さないんだったら泊めてもいいよ」⇒⇒⇒⇒⇒結末…想像が出来た方からご覧下さい…

1
 

モロッコのアガディール通りで衣料品店を営むヌルディンさんは、優しい心を持った男性です。ヌルディンさんは自分の店の前に、野良猫達のための避難場所を作ったのです。その場所はとても居心地が良く、すぐに猫達の憩いの場になりました。
この市場には、伝統的な商品や地元で作られた商品を買うために、多くの人達がやってきます。そして、彼らはヌルディンさんが作った『猫達のミニガーデン』で足を止めるのです。

ここには食べ物と水がいつも用意されていて、猫達がお腹を空かせることはありません。
ヌルディンさんは数十匹の猫の食事を用意して、店の外で猫達の様子を見守っています。もし病気の猫を見つけた時は、すぐに獣医さんのところに連れて行き、治療してもらいます。また、ヌルディンさんは不幸な猫を増やさないために、自分のお金で去勢や避妊手術を行なっているそうです。

そんなヌルディンさんの姿を見て、店に立ち寄ったお客さんが、時々寄付をしてくれることもあるそうです。
現在は息子さんが店を手伝ってくれているため、ヌルディンさんは困っている猫達を救うために、より多くの時間を使うことができるそうです。
そんなヌルディンさんは、市場だけでなく自宅の近くでも野良猫達の世話を続けています。

「私の家は猫でいっぱいです。また近所の野良猫達は、私がどこに住んでいるかを知っているため、夜になると私が帰ってくるのを待っています。そして、私の姿が見えると、猫達は一斉に集まって来るのです。私は全ての猫にご飯を食べさせるまで、家に入ることはありません」とヌルディンさんは言いました。
ヌルディンさんは市場でも家でも、多くの猫達に囲まれています。猫達はみんなヌルディンさんを信頼し、たっぷりと甘えてくるのです。

ヌルディンさんは今までに多くの猫を助け、素敵な里親さんを見つけて来ました。それは、これからも変わることはありません。毎日困っている猫に手を差し伸べ、一匹でも多くの猫を幸せにしようと考えているのです。