【衝撃】松浦亜弥の現在・・・・・・・・え(゜Д゜)

1
 
 

ある日、お腹を空かせた野良猫がエリックさん家族の家の庭に現れました。家族は早速、猫のために美味しいご飯を用意してあげたのです。
 

猫は家族のことが気に入ったようで、頻繁にご飯を食べに来ました。そして最後には、1日に2回もご飯を食べに来るようになったのです。家族は仲良くなった猫に『デクスター』と名づけました。

家族はデクスターを家で飼いたいと思いましたが、どうやらデクスターは外での生活が好きなようで、家の中に入ろうとはしませんでした。
 

家族が初めてデクスターを家に入れることができたのは、猛烈なハリケーンが近づいて来た時のことでした。デクスターを心配した家族が玄関を開けると、雨風を避けるためにデクスターが家の中に入って来たのです。
 

エリックさんの1歳の息子のパーカー君も、優しいデクスターのことが大好きになりました。家族は旅行で家を空ける時も、友人にお願いしてデクスターのご飯の世話を続けたのです。
 

しかし、ある日のこと、デクスターが突然姿を消してしまいました!

「家に来る途中で事故にあったのではないか」と心配した家族は、地元の保健所のFacebookサイトを閲覧し、デクスターが保護されていないかを確認しました。するとデクスターにそっくりな猫の写真を見つけたのです。すぐに保健所に確認しに行った夫婦でしたが、残念ながらその猫はデクスターではありませんでした。

しばらくの間、猫を見ていた夫婦に保健所の職員は「その猫は今日、安楽死させる予定です」と伝えてきました。そして、夫婦はこの日、保健所を訪れた最後の訪問者だったのです。

エリックさんが職員にお願いしてケージから猫を出してもらうと、猫は嬉しそうにエリックさんにすり寄って来ました。それはまるで「迎えに来てくれてありがとう」と言っているかのようでした。エリックさんには嬉しそうに喉を鳴らす猫を、そのまま残していくことができませんでした。
その後、しばらくして…

家で昼寝をしていたパーカー君が目を覚まし、目の前に置かれた箱に気づきました。
 

そして、箱の中から新しい家族の『オリー』が飛び出して来たのです!
 

あれ以来、家族はデクスターの姿を見ていませんが、まだ希望は捨てていません。きっとどこかで生きていると今でも信じているのです。そして、デクスターが帰って来たら、オリーを紹介してあげようと考えているそうです。
 

こうしてデクスターのおかげで、尊い命が救われました。温かい家に迎えられたオリーは、家族の腕の中で幸せな毎日を送っているそうです。