RSS 2chnaviヘッドライン

【狂気】今の女子小学生12歳が「恐ろしすぎる発言」をしてるんだが・・・・・(画像あり)

ある日、カナダのケベック州に住む家族が、裏の森から現れた野良猫を発見しました。早速ご飯の世話を始めました家族は、すぐに野良猫が妊娠していることに気づきました。

しばらくすると野良猫は突然姿を見せなくなりました。しかし、それから3週間ほど経った8月下旬のこと、1匹の子猫を連れた野良猫が庭に戻って来たのです。

 

子猫は人間に接したことがないようで、とても緊張していました。そのため家族は毎日少しずつ距離を縮めていったのです。結局、家族が子猫の隣に行くまでに、1週間ほどかかったそうです。

 

その後、猫の親子を保護しようと考えた家族でしたが、母猫は外での暮らしを望んでいるようで、完全に気を許すことはありませんでした。しかし、子猫の方は徐々に家族に溶け込んでいったのです。

数日後には、食事をしている最中に身体を触らせてくれるようになりました。それは家族が待ち望んでいた瞬間でした。

 

しばらくすると、子猫は玄関ドアを引っ掻いてご飯をおねだりするようになりましたが、決して家の中に入ってくることはありませんでした。

しかし、それからしばらくすると、子猫に大きな変化がありました。その日は前日からの冷え込みで、外で暮らす猫達は寒い朝を迎えていました。そんな中、家族がいつものようにドアを開けると、子猫がスーッと入って来たのです!

家の中に入った子猫は、日に日に家族と接する時間が長くなっていきました。そして、すっかり家族を信頼するようになったのです。

 

家族はまだ子猫の名前を決めていませんが、愛らしい三毛猫はすでに先住猫達と仲良くなり、いつも嬉しそうに後を追っているそうです♪

 

こうして数ヶ月前に家の庭に現れた子猫は、自らの意思で家の中へと入ってきました。子猫は人間の愛情を受け入れ、一緒に生きて行くことを決めたのです。子猫はもう寒い思いをすることはありません。これからは暖かい家の中で、家族や同居猫達に囲まれて、幸せな日々を送って行くことでしょう。

引用元