fbpx

【男女の差】彼氏にゴックンしてって言われた時の普通は知る事ができないお互いの「本音」・・・・・(^0^;)

1

ペットは心の癒し。 けれど、人間よりも寿命が短いため、悲しい別れがつらいですよね。 けれど、ペットも医療技術の進歩や、フードの高品質化などによって、長生きできる世の中になってきました。 今回ご紹介するのは、なんと24歳という超ご長寿猫! 「ご長寿最高記録」としてギネスにも登録されたすごい猫さんです!

世界最高のご長寿猫「ポピー」


被毛もふさふさでまん丸のお目目がかわいらしいですよね。
でも、お誕生日ケーキに刺さっているろうそくは「24」の文字。
そうです、24歳の猫なんです!!

ポピーは2014年に「24歳」で永眠。


このスーパーキャット「ポピー」が「世界で最も生きた猫」としてギネス認定されたのは、2014年2月。
ですが同じ年の6月、感染症が原因で虹の橋を渡ってしまいました。しかし、いまだにポピーの「長寿記録」は破られておらず、最も生きた猫として今も名を馳せているのです。

世界で最も生きた猫のホビー。
残念なことに亡くなってしまったようです。
ですが偉業を成し遂げたポピーの24歳という記録は、未だに破られていないのです。
それほどホビーの生きる力は強かったということでしょうね。

猫の24歳は、人間の「114歳」に相当!!


しかし、ピンキーは2013年23歳で亡くなったことから、ポピーさんが最高齢という栄誉を受けることに。

ポピーは24歳まで天寿を全うしましたが、猫の24歳は人間で換算すると、なんと「114歳」に相当するのです。

こうすると、とても身近に感じ、ホビーの凄さが分かりますよね。

長く生きることだけが全てではありませんが、ホビーにとって人生を謳歌するのに必要だった24年なのかもしれません。

ポピーが生まれた頃は・・・


生まれた年は「1990年」!
猫の世界ではありえない数字です。

こちらはポピーが5歳だった時の写真です。
24歳のときと、見た目はほとんど変わりません。
いつまでも若々しい体質だったのでしょう。

長生きの秘訣は「食」!!


ポピーさんの飼い主、ウェストさんは、長生きした理由について「よく食べ、よく動いていた」ことだと言います。

人間同様に「よく食べる」ということは重要なのかもしれません。
さらに、ポピーさんの大好物はびっくりなことに「フライドチキン」だったようです。
一般的には絶対に与えてはイケませんが、ポピーはうまくバランスが取れていたのかもしれません。。

超ご長寿猫だったポピー。
24年でこの世を去ってしまいましたが、人生をめいっぱい楽しんだことでしょう。
私たちもいまの日常を悔いの無いように、精一杯生きたいですね。

 

 

引用元