【えっ…】安室奈美恵が「FNS歌謡祭」でブチギレた・・・・気づきましたか?!(゜Д゜)【動画あり】

1

ある日、容器と一緒に捨てられた子猫達が「お母さん」に温められているところを発見されました。しかし「お母さん」だと思われていた猫は、「お母さん」ではなかったのです。
その日、保護団体『ホームレス・アニマル・アダプション・リーグ』に一本の電話が入りました。それは、捨てられていた猫達を発見したという電話でした。

電話をかけてきた男性は、帰宅途中で猫達を発見しました。その日は天候が悪く、雨が降り始めていたため、男性はすぐに保護団体に連絡を入れたそうです。男性は急ぎの用事があったため、猫達のいる場所を伝えると自宅へと帰っていきました。

スタッフはすぐに子猫達の保護に向かいました。男性に教えてもらった場所に車で向かうと、すぐに容器を発見しました。

そして、スタッフが容器を覗き込むと、大人の猫が子猫達をしっかりと温めていたのです。猫は「私達を見つけてくれてありがとう」と言っているかのように、スタッフを見つめてきました。スタッフは子猫達を優しく守っていた猫が、子猫達のお母さんだと思ったそうです。
スタッフはすぐに容器を毛布で覆うと、保護施設へと連れて帰りました。保護した時、子猫の数は4匹だと思ったのですが、施設で確認すると6匹だったため、スタッフは驚いたそうです。

猫達は病気にもかかっておらず、とても健康でした。どうやら保護される前まで、どこかの家で世話をされていたようです。

 
 

スタッフが大人の猫の健康状態を確認している最中に、驚きの発見がありました。愛情いっぱいに子猫達を世話していたのは、お母さんではなくオスの猫だったのです!
オスの猫は子猫達の本当のお父さんだったのか、お兄さんだったのか、または全く血のつながりの無い猫だったのかは分かりませんが、子猫達にとってはとても優しいお母さんだったのです。

その後、スタッフはオスの猫に『ミセス・ダウトファイア』と名づけました。
「ダウトファイアは、弱いものを守るために何をしなければならないかを、私達に教えてくれました」とスタッフは言いました。
こうして子猫達は「お母さん」に守られながら、寒い夜を乗り越えることができました。自由に動けるダウトファイアは、子猫達を置いてどこかへ行くこともできました。しかし、ダウトファイアはどこにもいかず、子猫達を優しく温め続けたのです。その愛情深いダウトファイアの姿に、大切なことを教えられた気がします。