fbpx

【悲報】渡辺麻友・・・・・・・・・・・え・・・・

1

今から1ヶ月前のこと、生後6週の子猫が郵便配達のトラックの前に駆け込んできました。配達員の女性は驚いて、車を急停車させました。

女性は子猫を救い上げ、空いていた箱の中に入れました。そして、子猫を助けてもらうために地元の保護施設へと連れて行ったのです。


「私達は普段から動物達の救助活動を行なっています。私達は配達員の女性のことを知りませんでしたが、彼女の方は私達のことを知っていました。子猫には多くの愛情が必要だったため、私達は子猫を受け取り、すぐに世話を始めました」と施設のスタッフは言いました。
 

子猫は全身のノミを駆除してもらい、ご飯でお腹を満たしました。すると随分安心したようで、さっそく暖かいベッドで眠り始めたそうです。



「私達は子猫に『チャーリー』と名づけました。彼女はとても積極的な性格の持ち主です。感染症を患っていた彼女は、誰かの助けが必要だったため、郵便トラックの前へと走り込みました。そして、それは結果的に良い方向へと進みました。」



それから2週間後、野良の子猫の連絡を受け、捕獲器を設置していたスタッフは驚きました。捕獲器に入っていたのはチャーリーの兄弟だったのです。



チャーリーの兄弟は『ウェレス』と名づけられました。ウォレスはお腹の虫の駆除後、ゆっくりと食欲を取り戻していきました。また、チャーリーの方も感染症から回復して、元気な姿を見せてくれるようになったそうです。


「全ての子猫には遊び仲間が必要です。私達はチャーリーと兄弟が再会できて、とても安心しました。」

こちらは再会後に、一緒に食事をするチャーリーとウォレスの姿です。



ふたりはたくさんのご飯を食べて、みるみるうちに大きくなっていきました。



そして、ふたりはついに里子に出る準備が整ったのです。
 

「配達員が届けてくれたチャーリーを、今度は私達が新しい家へと届けました。衰弱していたチャーリーを回復させるのは大変でしたが、彼女の元気な姿を見ることができて、とても幸せを感じています。子猫達との別れは寂しいものでしたが、今は新しい家で大切に育てられ、幸せに暮らしています。」



「私達はチャーリーが施設に来た時の箱で、新しい里親さんの元へと送り届けました。チャーリーとウォレスはその箱がとても気に入っていて、箱の中で遊んだり、昼寝をするのが大好きです」とスタッフは話してくれました。
チャーリーの救助の様子はこちら。 (動画)

 

こうして配達員に保護されたチャーリーは、兄弟のウォレスと一緒に新しい家へと届けられました。きっと愛らしい子猫達は、新しい家族にもたくさんの幸せを届けてくれることでしょう(*´ω`*)