fbpx

オタクがモテない「真の理由」は顔でもなく…趣味でもなく…「アレ」だった・・・・・・・・・(゜ω゜)俺やん…

1
 
 

残念なことに、動物に対して暴力的な行為をする人間は、どの時代・どの国にもいるものです。時に常人では考えられない虐げられ方をされることもあります。生後間もない子犬を襲ったのは、体に突き刺さるほどのBB弾でした。

まだ生後6週間の子犬


アメリカのロックヒルで見つかったのは、生後6ヶ月ほどの子犬。

体には20回ほどBB弾で撃たれた跡があり、ひどい出血状態だったそうです。
後々わかったことですが、この子犬は誰かによって捨てられたようでした。

体内には18発の弾が


動物病院に運ばれたあと検査が行われ、まだ体内に18発ものBB弾が残留していることがわかりました。

まだ生後6週間だったこともあり、麻酔をかけて摘出手術を行うにはリスクが高すぎました。しかし、不幸中の幸いで、体内に残ったBB弾は内臓などには達しておらず、取り除かずに治療することが可能だと分かりました。

強い子犬・ブロディ


点滴と鎮痛剤の投与から治療は始まりました。名前はブロディと命名。

診断した医師が「これまで診てきた動物の虐待の中で最悪な例のひとつ」とまで言うほどヒドイ状態でしたが、ブロディは「生きたい」という強い意志で必死に回復していきました。

犯人は捕まり、ブロディは新たな飼い主のもとへ


犯人探しは困難に思われましたが、警察の尽力もあって、14歳と17歳の少年が逮捕。

獣医も驚く回復を見せたブロディには、新たな飼い主が見つかりました。

これからもBB弾を体に抱えながら生きていくことになるブロディ。最悪な事態を乗り越えたのですから、これからは幸せに暮らしてほしいものです。

 引用元