【超絶悲報】自分の親父の名前をググったら・・・・・あれ?不動産の社長って聞いてたけど…

1

ワンコってお家の外で宅配便のトラックの音がした時、トラック=何か良い物とわかっていて大興奮したりしませんか?もちろんこの現象は日本だけではありません。アメリカの大手宅配業者UPSのドライバー達は配達先のワンコ達に会えるのを楽しみにお仕事をしています。そんな彼らのSNSのページがとっても人気なのです。

犬好きドライバーがSNSページを開設!
始まりはこの人からだった

犬との触れ合いが大好きなUPSの運転手ショーン・マッカレンさんは、配達先で出会う犬達に感謝の気持ちを込めてFacebookに”UPS Dogs”というグループページを立ち上げました。UPS Dogsはアメリカ全土のUPSドライバーが配達先の犬の写真を掲載する場所なのです。

UPSはUSPS(US郵便局)に並びアメリカを代表する大手配達業者。
彼らのトレードマークと言えば茶色の大きな宅配トラックと、上下茶色に短パンの宅配ユニフォーム。
UPSはアメリカのAmazon.comの配達を一手に手掛ける、言わば日本で言うところのクロネコ便に近い存在なのです。

配達指定が細かくストレスの多い日本の宅配業者と違って、時間と心にほんの少しゆとりのあるUPSドライバー達はとっても気さく。
そんな心に余裕のある彼らがワンコ達に人気抜群なのも納得です。

もちろん日本にも犬好きのドライバーさんはたくさんいらっしゃると思いますが、スケジュールの都合上、触れ合いをしている暇が無いのが現実でしょう。

それではアメリカじゅうのUPSドライバーとワンコ達の心温まる触れ合いの様子を幾つか覗いてみましょう!

UPSドライバーとワンコの日常
雨の日も風の日も…

「ワンコのニキータが配達を辛抱強く待ってくれてるよ。でも目的は多分ポケットのおやつ!」
こちらがアメリアでは知らない人がいないUPS名物のトラックと茶色のユニフォームに身を包んだドライバーさんです。

UPSのトラックの音はクロネコ便のトラックの音と良く似ていて、普通乗用車のそれとはまったく異なる音がします。
賢いワンコ達は、UPSのトラックの音なら100メートル先からでも聞こえるはず。

そしてトラックの音=良いモノが来ると認識しています。だから二キータもおやつのためなら、雨だってへっちゃら。
こんなに健気なワンコの待ち姿を見てドライバーさんがメロメロになっちゃうのも納得ですね。

目が見えなくてもわかるよ!

「ルディは全盲だけど、おやつをあげるまでトラックの音を追ってくるほど元気だよ!」

目が見えなくたってワンコには嗅覚と聴覚というすばらしい武器があるのです。
UPSトラックの特徴ある音を長年聞いてきたルディがドライバーさんを探し当てることなんて、きっとお手の物なのでしょうね。
こんな風に待ってくれている姿を見ると、思わずうるっと来ちゃいそうですね。

やっと会えた!

「何か月もこの子達が家の中から吠えているの聞いてたけど、今日は受け取りサインが必要だったからやっと実物に会えたよ!この子達はステラとズース。ステラは4歳で兄弟の中でも小さかったらしい。ズースは7歳で元保護犬なんだって。僕の配達ルートのピットブルってサイコ~!」

毎日の配達で同じ道を通ると聞こえる犬の鳴き声。
一体どんな子達なんだろう…犬好きのドライバーさんならではの疑問が解決したみたいですね。

やっとのことでこのお宅に配達の機会が回って来て、そこで出会ったのは可愛らしい2匹のピットブル。
ピットブル好きのドライバーさんにはたまらないでしょうね。
もっともっとこのお宅に配達する機会があるといいですね。

犬だけじゃない!

「猫だって可愛がられたいよね」

UPSドライバー達はワンコ達だけに優しくしているわけではないのです。
配達先で出くわすニャンコにだってこの通りナデナデをプレゼント。
心優しい宅配便の届け人は犬にも猫にも大人気なんですね。

UPS Dogsサイトの読者の反応は?
ある女性のコメント

「あなた達が運んでるのは天国なんじゃない???」

ワンコにも飼い主さんにも荷物だけでなく笑顔を届けるドライバーさん。
彼らが登場することでみんなが幸せ気分になれる。
みんなが仲良く触れ合う様子はまさに天国ですね。

UPSドライバーさんのコメント

「僕はUPSドライバー歴17年で、ここ10年同じルートの配達をしてるよ。お客さんの犬が子犬の頃から天国に召されるまで見届けたこともあるよ。彼らのことが大好きで、触れ合うといい気分なんだ。彼らに会うといつもおやつをあげてたよ。彼らは僕のトラックの音でおやつがもらえるってわかってるんだ。僕の配達エリアの犬達は最高だよ」

17年間、配達の行く先々で色んなワンコ達に出会って来たであろうドライバーさん。
自分のトラックの音を覚えてくれるなんてドライバー冥利に尽きますね。
この男性のように長い間同じエリアを配達すると、一匹の犬の生涯を見守るほどの関係にもなるんですね。
とっても素敵なドライバーさんのコメントにちょっとウルっと来ちゃいそうですね。

US郵便のドライバーの奥様のコメント

「私の旦那はUS郵便の配達員なの。彼はいつもワンコ達のためにおやつをカバンに入れて配達に出てるわ。ガレージには特大サイズのおやつのストックが常備されてて、そこからおやつを持ち出して仕事に出かけるのよ」

ワンコ達への気遣いをしてくれているのはUPSドライバーさんだけではないようですね。
US郵便の配達員さんもUPSのトラックと似たタイプの大きな白いトラックで配達に来てくれます。
ワンコ達にとってのヒーローは茶色のトラックの人達だけではないようですね。
とっても素敵なエピソードです!

ワンコ達のおかげで毎日の仕事が楽しいものに

「僕はお客さんのことを良く知ってるけど、それ以上にお客さんの犬のことを良く知っているんだ。行く先々で無償の愛で大歓迎される。これが僕の仕事の醍醐味なんだよね」とUPSドライバーのジェフ・スケンダーさん。

ショーンさんが始めたUPS Dogsのグループページは立ち上げから5年を迎えるのだそうですが、その人気は今でも変わりないのだそう。

ご近所づきあいや他人との触れ合いが極端に減少してきている今の世の中で、こんな風に犬を通じて人間同士も心を通わすことができる。
UPS DogsはUPS社の公認ページではないのですが、お客さんとの関係も犬との触れ合いによってより良いものにする効果があるとUPS社の広報担当者は思っているのだそうです。

UPS Dogsのページでは時に天国に行ったワンコ達の情報も投稿されるそうで、ドライバー達がどれだけ犬達の存在を大切に思っているのかがわかりますね。

今回ご紹介したドライバーとワンコの触れ合いの様子はほんの一部に過ぎません。
UPS Dogsのグループページにはまだまだ素敵な画像や動画がたくさん投稿されていますので、訪問してみてはいかがでしょうか?
きっとあたなに笑顔を運んでくれること間違い無しですよ!

引用元