インスタ映えを意識しすぎた。過剰演出が突出する、カフェ・レストランの奇妙な盛り付け例

0_e3

 確かにお料理は目で楽しみ、舌で味わうとかいうけれど、奇抜すぎるのもどうなんだろう。唯一無二感を出しすぎて、方向性がわからなくなっている盛り付けがなされているケースも多いようだ。

 カフェとかレストランとか、味はもちろん、いろんなところで勝負していかなきゃならないわけだし、最近では「インスタ映え」してなんぼという部分はあるにはあるのだけれど、「困惑」が料理代金に含まれているとしたら、それはちょっとお支払いしたくなくなるかもしれないし、そうでもないかもしれない料理の盛り付け例がまとめられていた。

 

 

衝撃の写真は次のページへ!